本多 喜悦の日記

経営コンサルタントです。中小企業診断士、ISO9001主任審査員、ISO14001主任審査員の資格を持っています。日常の行動、考えること、感じたことについて書いています。
久しぶりの北陸

6年ぶりの北陸へ行ってきました。

小松と金沢です。

 

小松は新幹線工事が始まりクレーン等が盛んに動いています。

小松と金沢の間の能美市を通った時は新幹線の橋脚が何本か林立しています。

新幹線の工事ではやはり経済効果があり、また開通後にも期待がありました。

小松では改めてコマツの影響力の高さが伝わってきました。

 

また、今回歌舞伎が盛んなことが“こまつ曳山交流館”を訪れた時の説明で初めて知って、昨年は酒田のこども歌舞伎が当地を訪れたそうで、まさに酒田と小松は交流があることを学びました。

 小松の発祥は加賀百万石の3代目利常が若く隠居して(幕府から警戒されないように)この地に小松城を築城して、主に文化芸術を推奨したのが、町民の“曳山子供歌舞伎”につながったとの説明でした。

なるほどと思いました。

 その意味で文化芸術ははやり経済的に豊かなところに息づき、色んな都市に伺いますが、今度その目で見て行こうと思いました。

 

 金沢は以前より増して、外部との交流が多くなっている(観光客、ビジネス)と感じました。

駅前の観光案内は20時までオープンだし、街のガイドさんなど安心して楽しめる街であると今回は特に感じました。やはり、経済的にも精神的にも豊かさを感じました。

エピソードを一つ

“不室屋”でお土産の“宝の麩おすまし”を買って、FUMUROYAカフェがあるというので歩いて数分の所で“生麩ぜんざい”を食べて会計をしようとして、お土産をカウンターに置いたところ置き方が不十分でバランスを崩して床に落ちてしまったのです。

 店の人に「宝の麩ですが、大丈夫でしょうか?」と聞いたら「商品によっては中身が出たかもしれません」とのこと。

 心配になって、店に戻ってその経緯を説明したら、包み紙をほどいて確認して見せてくれて「大丈夫です」とのこと。でも新しい商品と取り換えてくれました。

 感動してすっかり不室屋のファンになってしまいました。

 

もう一つ、金沢と言えば九谷焼。自分で湯飲みは買ったことがない(これといった意識を持っていなかった)ので

同じ駅ビルに入っている陶器屋さんにぶらりと入りました。

 千円台から2桁万円までの湯飲みが並んでいました。しかし、選び方が分からない、自分の好みが分からない、つまり何を買えば良いのかが分からないのです。しばらく行ったり来たり。

 店の方と思しき人に「どう選べば良いのですか?」と恥ずかしながら聞きました。

困ったようなそぶりを見せながら「色、形、大きさ、デザイン、持った感じ、(つけては困るけれど)口にあてた感じ、(猫舌であれば)厚み、長く使うので自分が他の商品を選ぶときにどんな選び方をしているかなどですよ、値段は関係しなくて良いですよ」とのこと。

なるほどと思い、またしばらく行ったり来たり。今度は手に取って、口の辺りまで持ってきたり。最後まで迷ったのは松竹梅の図柄と現代風のもう一つ。結果として後者を買いました。

その間、約40分。店の方も良く辛抱してくれたと思います。

 

 翌日、3時間ほどの時間があったので、茶屋街とその近くの泉鏡花記念館、金沢21世紀美術館の3カ所に絞りました。

まさに伝統的な金沢とそれから生まれた作家、現代の金沢。茶屋街では「三味線を習いませんか」というような張り紙があると思えば金箔アイス。これは食べたいと思ったけれど2月の朝9時半ではパスしました。

 

そこから歩いて5分で泉鏡花記念館。以前ちょっと読んだのでそれなり面白い。不条理、半透明な世界や人間観を感じて、異質な時間を享受しました。

 

 今回の圧巻は金沢21世紀美術館。あまり期待しなかったせいか特に面白かった。チケット売り場にいったらディズニーランド、USJ、スカツリー並みの行列でカルチャーショック。これでは時間的に無理と判断して市民ギャリーなど無料展示室を回りました。  

 これがまた面白い。常設展の他に今回は金沢美術工芸大学の卒業生の作品展示で多くありました。

画風として油画の他に日本画もあるのです。印象に残ったのは若冲の模写や若い感性での日本画です。他にも、彫刻、デザイン、映像、陶芸、染物、金工など若い感性での多種多様で、アッという間に1時間半は経ってしまいました。非常に面白く、これも私の日常とは異質な時間を頂きました。

 

 城下町で伝統的な時空間と日常生活、これから時代を作る感性が同時に存在している町であると思いました。金沢という町の規模からしても丁度良いバランスなのかもしれません。

 町全体がテーマパークとなっている京都とは違う印象です。

                                               以上

 

| 本多ビジネスコンサルティング | 出張風景 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
街角の変化

最近、コンビニに行くと以前とは違った変化を感じます。

.譽犬諒の高齢化:まさに若い人の不足感か高齢者をよく見かけます。

   若い人はそれなりにマニュアルに従って一生懸命やっていることが伝わってきます。

  一方、高齢者の方は自分なりのペースを感じます。

 これまで、若い人のスピード感に慣れていたため、

 若干まどろっこしさを感じますが、自分の許容の幅を確認する状況とも思っています。

⊂ι覆変わってきました:先日、神田のデイリーヤマザキに入ったらお惣菜の多いこと。

 びっくりしました。まさにミニスーパーです。

 昔の万事屋(よろずや)の機能です。

 一人暮らし、高齢化がまさにそのニーズの源泉であると思います。 

また、最近は自転車を貸し出したり、コインランドリー、ジムなど

 次のニーズに応えようとしていることが伝わってきます。

 

 

 

| 本多ビジネスコンサルティング | 日常風景 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
無料喫煙所

先日、東京神田駅付近を歩いていたところ

”無料喫煙所”なる看板を見つけました。

 

そうか、職場等で吸えないことが多くなってきた影響と思いました。

ここまで来たかとも思いました。

少なくとも酒田では見かけたことはありません。

今後は、地方都市でも可能性はあります。

別の機能としては、無料喫煙所がきっかけで

いろいろコミュケーションの場が出来上がってくるかもしれません。

| 本多ビジネスコンサルティング | 出張風景 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
熊本城にて

ほぼ30数年ぶりに熊本城に行ってきました。

もちろん修復中です。

行くのに気が引けたので確認した方が良いと思って、

駅の観光案内所で伺ったら「大歓迎です」とのことで

周遊バスに乗って「城彩苑」で降りました。

その案内所で、予約なしで観光ガイドをお願いできるとのことで

お願いしました。

色んなことを学びました。

・熊本城の完全復興までは20年ほどかかるとのこと

・石垣に30万個が使われているうち20万個が崩落したとのこと

・今後1個ずつ特定してコンピュータソフトを使って再建するとのこと

・小天守と大天守は2019年中には復興なるとのこと

・加藤清正は、水害の多かった当地域の名称を隈本→熊本に改名したこと

 

また、至る処であのクマモンキャラを見かけます。

お土産品はもちろんですが、タクシー内や

企業の方の名刺や会社パンフレットまでにも印刷してあります。

全県を挙げて取り組んで伝わってきました。

やはり、本気度が分かります。

 

有意義な熊本でした。

 

| 本多ビジネスコンサルティング | 出張風景 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
富岡製糸場にて

先日、富岡製糸場に行ってきました。

流石に明治初期に殖産興業のために、絹の製糸産業を起こしたことが実感されました。

歴史の授業と実体験が重なりました。

イメージとして女工哀史的なものを持っていましたが

フランスの労務管理を適用したために、そんなに悲惨ではなく

むしろ当時の日本からしたら、日曜日が休日、学校、毎日入浴可能だったりして

先進の労働環境であったと説明を受けました。

なので、結構人気のある仕事で、女工さんのモチベーションも高く

競って力量を高めていたことが伝わってきました。

 

そのこともあって、製糸業が全国に伝わっていったとのことでした。

まさに、当酒田市には遺産ではなく現役として”松岡”の自動操糸機が稼働しています。

また、その自動操糸機は富岡製糸場で使っていたものと同型機であるとことで、またびっくりです。

 

世界遺産登録より現役で動いている方が価値があるのではないかと思います。

その意味で、酒田―鶴岡は絹で一体的な観光や産業振興ができるのではないかと思いました。

 

以上

 

| 本多ビジネスコンサルティング | 出張風景 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
+ カレンダー +


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ プロフィール
+ 最新記事
+ 最新コメント
+ 記事カテゴリー
+ アーカイブス
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ PR