本多 喜悦の日記

経営コンサルタントです。中小企業診断士、ISO9001主任審査員、ISO14001主任審査員の資格を持っています。日常の行動、考えること、感じたことについて書いています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
組織文化とは

これまでの私の仕事は、企業のより良い姿に向けて

私なりにご支援をしてきました。

そのために、色んな情報や知識、手法や経験を身につけて

企業の実態に合った形でフィードバックしてきました。

 

しかし、数年前よりおぼろげながらそれでけでは不十分ではないかとも思い始めていました。

企業の盛衰を左右する大きな要素は何かと考え続けていて、ここ1ヶ月ほどの少し霧が晴れたような

キーワードにたどり着きました。

それは”文化”というものではないかとの仮説です。

 

経営の良化に向けて、私なりの知識、経験、手法を伝えても、

なかなかそれが組織の中で消化されないのは、

組織の”価値観”、”コミュニケーション”等が私の支援とのギャップがあるからではないか

と思い始めました。

 

今後、”組織文化”、”組織の価値観”など抽象的なキーワード具体化していきたいと思います。

その都度、ブログにアップしますので、ご意見等も頂ければと思います。

 

残りの仕事の時間を”文化”という切り口で考えていきたいと思います。

 

 

| 本多ビジネスコンサルティング | 良い会社の姿 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
御堂筋の由来

先日、大阪御堂筋近くのホテルに泊まって、散歩してた時のこと。

大きな大きなお寺が見えてきたので、立ち寄ったら

本願寺津村別院とのことで西本願寺のつがりがあるとのこと。

別呼称では北御堂とのこと。

説明を受けると、もともと本願寺は大阪あったそうです。

それが、織田信長により京都に退去せざるを得なくなったそうです。

しかし、大阪の門徒の人々は社を構えて「大阪津村 北御堂」と称したそうです。

一方、南の方には”真宗大谷派難波別院”が立てられ、南御堂と称したそうです。

その南北をつなぐ通りとして、御堂筋と名付けられたそうです。

説明を頂いた内容についてのざっくり感はこんな感じでした。

 

本願寺がもともとは大阪にあったこと、南北の御堂をつなぐから御堂筋というようなことを

歴史の面白さを実感しました。

 

| 本多ビジネスコンサルティング | 出張風景 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
歴史を生かした地域連携の一提案

先日大垣に行った時のこと。

朝の散歩で、かの有名な大垣城を見た後に

フロントでもらった観光マップに従って

歩いていたら、松尾芭蕉の句碑を大垣城を中心とした

周遊道に立てていました。

案内等を良く見ると、大垣は奥の細道の結びの地でした。

知りませんでした。

そこで、大垣市は芭蕉の主な22句を散策道に立てて

紹介しているのです。

そこで、何とびっくり。内6句が山形県で読んだ句でした。

勿論、その中の1句「熱き日を海に入れたり最上川」もありました。

大垣で酒田を紹介したプレートや句があるとは感動でした。

 

大垣で酒田や庄内を紹介して頂くというのは、非常にありがたいものです。

それならば、酒田や庄内で大垣を紹介したくなるのも人情です。

酒田で何か大垣を紹介していることがあるのでしょうか?

そのようなつながりや重層的な関係が地域連携となり、活性化の一助になるのではないかと感じました。

| 本多ビジネスコンサルティング | 地域活性化 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ホテルの工夫

先日、福島県のあるホテルに泊まった時に感心したことがあります。

サービスは低下させないでのコストダウンの例であると思います。

それは、次のようなことです。

部屋には内線電話がなく、

テレビの枠に”フロントへの専用フリーダイヤル0120−***−***”

とのラベルが貼ってあるのです。

つまり、フロントに用事があるときは、

携帯電話からフリーダイヤルでホテルに電話するのです。

それによって、電話機や配線等が不要となるというわけです。

サービスの質は低下させないで、コスト削減に工夫していることが伝わってきました。

 

| 本多ビジネスコンサルティング | 出張風景 | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ホテルのエレベータの中にて

皆さんは、エレベータの中でどこに視線を向けたら良いか困ることがありませんか?

先日、新白河のホテルのエレベータに乗っていたら、

中のディスプレーに「4文字熟語」の問題が映し出されました。

その問題の一つに「有〇完〇」が出され、

しばらく考えても分かりませんでした。

11階に着くまでに正解も映し出され

答えは「有終完美」とのことでした。

意味は、”最後まで物事を立派にやり遂げること。”だそうです。

私は初めて知りました。

エレベータに乗っていることで一つ勉強になりました。

また、誰かが普段の私を見ていて、より意識して仕事するようにとの

教えだったのかもしれません。

 

 

| 本多ビジネスコンサルティング | 日常風景 | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
+ カレンダー +


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ プロフィール
+ 最新記事
+ 記事カテゴリー
+ アーカイブス
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ PR