本多 喜悦の日記

経営コンサルタントです。中小企業診断士、ISO9001主任審査員、ISO14001主任審査員の資格を持っています。日常の行動、考えること、感じたことについて書いています。
<< 初めての津軽三味線 | main | パナソニックミュージアムにて >>
知覧特攻平和会館にて

長年の願いが叶って、行ってきました。

本当にお世話になった鹿児島の方に感謝を申し上げます。

 

今回強く感じたことは、特攻は作戦ではない。

戦術でもありません。

日本人が先のある若者の未来を奪った出来事です。

その後調べてみると、ある司令官の訓示として

「アメリカは物量、技術力など力はあるが、それらの力には限度がある。

しかし、日本人は精神力がある。精神力は無限だ。だから勝てる。」

など話したとの事。

今では考えられないこと起きていたということです。

しかし、気を付けなければならないことは

 

私も含めた日本人の心性には、平時では考えられないことが

一人ひとりや社会が妄想的になったり合理的な判断ができなくなってしまう

何かを持っているということを感じました。

 

日常的には、自分の感性や良心に反することについて、

何も言えなくなってしまう状況に囲まれてしまう。

そして、その状況を作っている一人なることがあるのです。

 

普段は意識の地下に潜んでいる何かが、非日常的状況になると顕在化してくる何かがあるのかもしれません。

特攻で亡くなった若者の遺書や家族、上層部の言動、当時のマスコミの報道等を知ると

もっと考えないといけないと思いました。

 

 

| 本多ビジネスコンサルティング | - | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:55 | - | - | - | - |









http://hbconsul.jugem.jp/trackback/242
+ カレンダー +


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ プロフィール
+ 最新記事
+ 記事カテゴリー
+ アーカイブス
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ PR