本多 喜悦の日記

経営コンサルタントです。中小企業診断士、ISO9001主任審査員、ISO14001主任審査員の資格を持っています。日常の行動、考えること、感じたことについて書いています。
<< 久しぶりの北陸 | main | 卒業式に出席して >>
会話内容の違い

東京に行くと、地元では聞いたことない会話が聞こえてくることとがあります。

先日の日本橋のファミレスで昼食を食べていたところ、隣のテーブルの3人のビジネスマンの会話の断片。

Aさんが会話の主役のような感じでした。

Aさん:(トレーダーの様子)自分が動かしているのは、1日1億円ぐらい。

    機関投資家は兆単位なので、自分は全然たいしたことはない。

Bさん:いつごろから?

Aさん:学生時代にアメリカに留学して人脈をつくり、日本に帰ってきてから起業して、

    会社を大きくするかを悩んだが、・・・・

    その後、資金を動かすようになった。

Bさん:コラボやれるかな?

Aさん:知人でモルジブに移住した人が・・・・

Cさん:私が努めていたデパートでも年商ベースで・・・兆円だから全然・・・

 

別の会話

Aさん「月の土地って買えるって知ってた?」

Bさん、Cさん「知らない」

Aさん「アメリカの・・・が売り出しているので、俺、買っているよ。・・・エーカーで・・・ドルで買った。」

Cさん「月面って買えるの?」

Aさん「・・・がNASAに売っていいかって聞いたら、何の返事も来ないので、悪くはないだろうと思って始めたらしい。」

Bさん「法的にはどうなんだろう?」

Aさん「結局、南極みたいにどこの国のものなっていないし、国が売っているわけでもないので、夢を買っているようなもので

、月の土地を持っていると言えるだけでも楽しい気分。」

Bさん「どのくらい売れているのだろう?」

Aさん「月の裏側を含めて、売れ切れだって。」

 

断片的なので脈絡はありませんが、地元では決して聞くことがない内容だったので

ついつい記憶に残ってしまいました。

地元とは別の国のような感想をもちました。

 

 

| 本多ビジネスコンサルティング | 出張風景 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:52 | - | - | - | - |









http://hbconsul.jugem.jp/trackback/232
+ カレンダー +


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ プロフィール
+ 最新記事
+ 最新コメント
+ 記事カテゴリー
+ アーカイブス
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ PR