本多 喜悦の日記

経営コンサルタントです。中小企業診断士、ISO9001主任審査員、ISO14001主任審査員の資格を持っています。日常の行動、考えること、感じたことについて書いています。
<< 司馬 遼太郎 記念館を見て | main | 冬の動物園 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
1億総活躍社会の一端
先日、ある小規模企業の社長に伺ったら、定年の会社と言うことでしたので紹介したいと思います。
私 :若い人は採用しないのですか?
社長:小規模で時間もお金もないので育てることができないので、大企業を定年した方を迎えています。
私 :どんな感じですか?
社長:よく働いてくれます。当社はタイムカードもなく日報もありません。
私 :それではどんな管理をしているのですか?
社長:朝、出社すれば印を押して、あとは本人の裁量です。いちいち報告を求めたりしたら、面倒です。
私 :裁量と言っても、放任では会社が持ちません。本人とのコミュニケーションはどうなのですか?
社長:月曜日の朝に全体ミーティングをやって、全員が報告と今後の見通しを話します。それと個別のコミュニケーションです。
私 :期待する成果についてはどうなのですか?
社長:経営計画から年間目標を設定して、本人と話し合って目標を決めます。あとは本人次第です。
私 :定年はあるのですか?
社長:そんなものはありません。本人が働きたい、あるいは働けると判断したら、いつもででも良い。私から辞めて欲しいと言ったことはほとんどありません。仕事は年齢で判断するものではないと思っています。
私 :最高齢で何歳ですか?
社長:確か70代後半であると思います。

その方にインタビューしたら、前向きな発言があり、裁量の幅も広がって(フルタイムは無理だけれども)やりがいがあるような印象でした。
製品企画や新規顧客開拓であるので、創造的で楽しく仕事出来るそうです。週に3日ほどの出勤であり、ワークライフバランスがとれており、これからの社会の一端を垣間見た感じでした。
今後はこのような考えの社長が増えてくれば良いのと思いました。

以上
今後はこのように考える社長が多くなり、本人も働きたいと思う間は働くという
| 本多ビジネスコンサルティング | 社長の姿 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:15 | - | - | - | - |









http://hbconsul.jugem.jp/trackback/214
+ カレンダー +


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ プロフィール
+ 最新記事
+ 記事カテゴリー
+ アーカイブス
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ PR