本多 喜悦の日記

経営コンサルタントです。中小企業診断士、ISO9001主任審査員、ISO14001主任審査員の資格を持っています。日常の行動、考えること、感じたことについて書いています。
<< 大晦日に考えたこと | main | 鉄道博物館に行ってきました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
永遠の0を見て
元旦に、永遠の0を見ました。
歴史の表舞台には登場しない腕利きパイロットの葛藤を描いていました。

あれだけ、生きて帰ると言っていたのに、特攻隊に志願した。
特攻(死)するパイロットを自ら育てたということに対する自己矛盾の結果かもしれない。

この映画を見ても、特攻という作戦を考え実行した日本のリーダーの問題もあぶり出している。

彼の次の発言が印象的である。
「私が死んでも戦局には影響しない。しかし、私が死んだら家族に大きな影響を及ぼす。」

多くに市民が考えていたことであると思う。こんなことを考えさせた、当時の日本のリーダーは何だったのだろう。
また、そのようなリーダーが出てきてしまった、あるいは許してしまった土壌や背景を忘れてならないと思う。
少なくとも、リーダーは歴史を人一倍勉強している人でなければならないと改めて思った。

 
| 本多ビジネスコンサルティング | 日常風景 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:03 | - | - | - | - |









http://hbconsul.jugem.jp/trackback/185
+ カレンダー +


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ プロフィール
+ 最新記事
+ 記事カテゴリー
+ アーカイブス
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ PR