本多 喜悦の日記

経営コンサルタントです。中小企業診断士、ISO9001主任審査員、ISO14001主任審査員の資格を持っています。日常の行動、考えること、感じたことについて書いています。
<< 社長の資質 | main | 貿易の勉強をしました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
QMSとEMSの融合とはどういう事なのでしょうか
 ISO9001とISO14001の両方を認証している企業は
何度もQMSとEMSの融合(統合)ということを審査員からの発言を聞いたことが
あると思います。

これは本質的にどのようなことなのか、とまどったことはありませんか?
マニュアルを1冊にすると言うことでしょうか?
本質的には違うことです。

私の考え方は、QMSとEMSの融合(統合)とういうことを
議論するのは、あまり意味がないと思っています。

その理由は下記のことです。
QMSとEMSの狙いは本質的には違うからです。
QMS:品質に関して、組織を指揮し管理するため
EMS:環境方針を策定して、環境側面を管理するため

これから分かるように、どちらかというと組織管理の領域の幅からすると
QMS>EMSです。

さらに日常的には下記のように言えます。
QMS:顧客満足と継続的改善のための管理
EMS:環境に及ぼす影響の管理

ですから、QMSとEMSの融合(統合)と言う表現より
どうせ管理するのだったら、QMSとEMSの要求事項を
日常管理として一緒にやっていこうという方が現実的で
分かりやすいと思っています。
| 本多ビジネスコンサルティング | 組織の管理体制(マネジメントシステム)について | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:48 | - | - | - | - |









http://hbconsul.jugem.jp/trackback/120
+ カレンダー +


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ プロフィール
+ 最新記事
+ 記事カテゴリー
+ アーカイブス
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ PR