本多 喜悦の日記

経営コンサルタントです。中小企業診断士、ISO9001主任審査員、ISO14001主任審査員の資格を持っています。日常の行動、考えること、感じたことについて書いています。
<< 長く存続するということ | main | 経験と新しい知識の関係について >>
長く存続するには
 法人は自然人と違って、存続するための要件があれば寿命というものがありません。
鶴岡市には全国有数の800年を誇る会社があります。

長く存続するには、環境変化に対応して利益を出し続けることが必須要件です。
利益は目的ではなくて、存続するための手段として必須要件です。

1期や2期は赤字でも体力や利害関係者の理解と協力があれば、存続するための
時間的猶予を与えてくれますが、3期連続赤字となると極めて難しくなります。

利益を出し続けるのは、文字では簡単ですが、実際の経営となると簡単ではありません。
前述のように、外部的には環境に適用しながら、内部的には経営資源を適切に配分して
運営することが重要です。

次回は、この辺を書きたいと思います。
| 本多ビジネスコンサルティング | 良い会社の姿 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:19 | - | - | - | - |









http://hbconsul.jugem.jp/trackback/117
+ カレンダー +


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ プロフィール
+ 最新記事
+ 記事カテゴリー
+ アーカイブス
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ PR