本多 喜悦の日記

経営コンサルタントです。中小企業診断士、ISO9001主任審査員、ISO14001主任審査員の資格を持っています。日常の行動、考えること、感じたことについて書いています。
<< 有益な環境側面との表現は妥当か | main | ホテルのセキュリティについて(2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
環境マネジメントシステムとは何か
 環境マネジメントシステム(ISO14001)(以下:EMS)を運用している企業に伺うと環境側面の特定について、力点を置いていない傾向が見受けられますので
ここでEMSとは何かを確認したいと思います。

EMSの定義は、規格書に従えば、環境方針を策定し、実施し、環境側面を管理するために用いられるものです。

環境方針は経営者の専決事項として一義的にきまりますが、環境側面は規格の4.3.1で特定されます。
ですから、EMSは特定した環境側面を管理するものなのです。決して著しい環境側面だけではないのです。
EMSは(環境方針を除いて)4.3.1環境側面からすべてスタートする構造になっています。
ですから、環境側面の前に法規制が特定されたりことはないのです。

環境側面は環境負荷の大小、業種、規模には関係なく存在します。組織活動があるかぎり
環境側面があり、それを管理するのはEMSです。

また、機会を見つけて書きます。
| 本多ビジネスコンサルティング | 組織の管理体制(マネジメントシステム)について | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:31 | - | - | - | - |









http://hbconsul.jugem.jp/trackback/110
+ カレンダー +


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ プロフィール
+ 最新記事
+ 記事カテゴリー
+ アーカイブス
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ PR